スポンサードリンク

長島一茂パニック障害の原因は父親?嫁の衝撃の一言で回復?


nagasimakazu1 275x300 長島一茂パニック障害の原因は父親?嫁の衝撃の一言で回復?

さんまのからくりテレビなどで、どこかすっとぼけた雰囲気を漂わせている
長島一茂がパニック障害を患っていたことは有名ですね。

 

パニック障害の闘病経験のある芸能人は他にもたくさんいますが
長島一茂の場合はやはりあの偉大な父親が原因なのでは?

 

現在は回復して双子の女の子の父親ですが、回復のきっかっけには
嫁の衝撃的な一言があったようです。

スポンサードリンク


長島一茂のプロフィール

長島一茂がミスタージャイアンツ長島茂雄の長男として生まれたのは
1966年1月26日のこと。
長寿番組の『笑点』が始まった年です。

nagasimasigeo 212x300 長島一茂パニック障害の原因は父親?嫁の衝撃の一言で回復?

長島茂雄といえばスーパー天然というか神がかった自由人というか
今もってなお圧倒的なカリスマ性のある伝説的な人物ですが
その長島茂雄の長男ということで幼少の頃から大いに期待されて育ちました。

 

巨人の星の星一徹みたいなスパルタ教育だったわけでもないでしょうが、
父親の遺伝子を受け継いで自然と野球の道に進みます。

立教高等学校(現・立教新座高等学校)から立教大学へと進みますが
ずーーっと野球ばっかりやっていたので勉強は二の次だったようですね。
ちなみに立教大学は父親の母校でもあります。

 

1987年ドラフト1位でヤクルトスワローズに入団。
翌1988年、プロ初安打をホームランで飾り(プロ入り8打席目でした)
天覧試合でホームランを打って見せた父長島茂雄を彷彿とさせる姿に
やっぱ血は争えないねぇと言われたものでした。

発病の原因は偉大な父親?

1993年、父親が監督を務めるジャイアンツへ金銭トレードで移籍し
親子鷹だと話題になった長島一茂ですが、話題にはなったものの本人的には
決して居心地のいいものではなかったと思います。

 

長島一茂には父親譲りの野球の才能が確かにありましたが、通算ホームラン数が
18本とその才能を生かしきることができなかったように思います。
やはりこれは、のびのびと野球をしたくとも長島茂雄という重荷が影響していたのでしょう。

 

長島一茂がジャイアンツで活躍できたのは翌年の1994年だけで
1995年にはひじの故障で1軍で試合をすることができず、1996年のオフシーズンに
父親の口から直接戦力外通告を受けてしまいます。

 

長島一茂がパニック障害を発症したのは1996年ごろだそうです。
これは戦力外通告を受けたのとほぼ時を同じくしています。
それ以前から自律神経失調症の症状があり、打席に立てなくなったこともあるそうです。
これが長島二世として期待されたほどの成績を残せなかった原因のひとつかも知れません。

 

父親の言葉が直接の原因ではないでしょうが、なにかと偉大な父親と比較されながら
野球をやるストレスの上にもう要らない宣言を受けたことがパニック障害発症の
原因なのは想像に難くないと思いますよね。

スポンサードリンク

ところでパニック障害とは?

これはこの病気を持ってない人にとってはなかなか感覚的に理解しづらいやっかいな
病気なのですが、平たく言うと『原因不明の恐怖感と闘う病気』です。

 

すごく大事な局面でミスを犯したりすると、誰でも心臓がばくばく言って
息がしづらくなったりしますよね。
このような状態に「このまま死んじゃうんじゃないか?」という恐怖心がプラスされて
突然前触れなしにパニック発作として起きます。

 

私は身近に重症のパニック障害患者がいたことがあるのでよく分かるのですが、
気の持ちようだけでは済まされない深刻さがこの病気にはあります。

一度大きな発作を経験すると出先で発作が起きたらどうしようと思うため
外出が困難になりますし、一見どこが悪いようにも見えないために
病気であることを理解されにくくつらい思いをしがちです。

 

長島一茂がパニック障害を患っていたことが広く知られるようになる前に
ディズニーランドでのロケでスプラッシュマウンテンに乗ろうと
言われて必死の面持ちで固辞しているのを見たことがあります。

 

他の出演者が面白がって無理やり乗せようとするのですが、身長180センチの大男が
泣きそうな顔で嫌がっている様子を見ていて、これは可哀想過ぎると思ったものです。

長島一茂を回復に導いた嫁の一言とは?

長島一茂は1999年に鹿児島県出身の仁子さんという女性と結婚しています。
とても明るく楽天的な性格の方だそうです。
結婚したときにはすでにパニック障害を発症していました。

kazusigeyome 長島一茂パニック障害の原因は父親?嫁の衝撃の一言で回復?

そんな中でスタートした結婚生活ですから、ほやほやと楽しいことばかりではなく
長島一茂は時折「死にたい」と口にすることがあったそうです。

 

それに対して奥さんの仁子さんが言ったのは

「死にたいなら死んじゃえばいいじゃない」

 

これは投げやりな意味ではなく、生きたくても生きられない人もいるし
人はいつかは死んでしまうのだからという意味合いの言葉だったようですが
メンタルの病気を持つ人に対しての言葉としては衝撃的ですね。

 

しかし、長島一茂はこの衝撃的な一言で目が覚めたのだそうです。
夫婦としての信頼関係がないとただの暴言になってしまう言葉ですが
この一言で治療に積極的になれたと言っていました。

 

この話の中で、「もし妻が僕と一緒になって不安がって落ち込んでいたら
僕は死んでいたかもしれないけど、妻は僕がどんなに暗くなっていても
笑い飛ばすような性格だから、それで僕はずいぶん救われた」
とも言っていました。

 

周りの人間が病気を理解し、あまり深刻な顔を見せないことの大切さを
教えるような話ですよね。

 

現在の長島一茂はほぼ完治しているように見えます。
つらい経験をした人ほど人に優しいといいます。
ちょっと垂れ目気味なあの目元に、そのやさしさがにじみ出ているような気がします。

⇒六角精児の激やせ理由は?


コメントを残す