スポンサードリンク

スギちゃんビデオ男優疑惑の中消えたと言われつつも消えないのはなぜ?


sugichan 237x300 スギちゃんビデオ男優疑惑の中消えたと言われつつも消えないのはなぜ?

流行語大賞を獲った芸人は翌年消えると言われます。
2012年、R-1グランプリで準優勝し、「ワイルドだろぉ~?」で大ブレイクした
スギちゃんも大方の予想通り流行語大賞を受賞し、
これは間違いなく消えるなと思われていましたが2014年現在完全に消えたわけでもなく
時々テレビで見かけます。

 

この人の場合、流行語大賞を獲ろうが獲るまいが一発屋臭が半端ないので
すこーん!と見なくなっても驚かないのですが、
いい人なんだろうなと好意的なイメージがありながら何やら怪しげなビデオに
出演していたんじゃ?というダークな疑惑もあるのになぜ消えないのでしょう。

スポンサードリンク


スギちゃんが消えてしまわない理由とは?

本名杉山英司のスギちゃん、かつては杉山えいじの名前でコンビとして
活動していましたがゲッターズ飯田に改名してもらった途端にR-1で準優勝。
それから連日顔を見ない日はないくらいの大ブレイクし
あまりに忙しすぎて体調を崩し、点滴受けながら仕事をこなしていました。

 

トークで魅せるタイプの芸人さんと違って見た目と一発ギャグだけで
笑いを取る芸人さんは見慣れてしまうと面白くないという爆弾を抱えてますから
最初の印象だけでは生き残れないのが常です。

 

スギちゃんのギャグは子供受けするものでしたし、普段の会話の中で
使いやすいものでしたからあれだけのブレイクを見せたのだと思います。
しかし、スギちゃんからはテレビによく出るようになった時から「ワイルドだろぉ~?」
以外になにもない感じが濃厚にしてましたよね。

 

で、引き出しの少ない芸人さんらしく少々無茶な仕事も一生懸命こなしてましたが
10mの飛び込み台からジャンプ!という仕事で大怪我を負う羽目になります。

sugichan3 224x300 スギちゃんビデオ男優疑惑の中消えたと言われつつも消えないのはなぜ?

一番売れてるときの怪我でしたからさぞかし痛手になったろうと思いましたが
入院中に子供のアイドルとしてテレビに出ているときには
およそ言えないような下ネタ全開のブログをせっせと公開して
ファンを楽しませることを忘れませんでした。

 

スギちゃんはこの人言うことは大きいけど素顔は小心者だけどいい人なんだろうなと
思わせるキャラクターですから、そういうところをいじられることで
リアクション芸人として必死に生き残りを図っているように見えます。

 

正直言ってそれもさほど面白いとは思えないのですが、
スギちゃんが大して面白くないのに消えてしまわない理由のひとつは
プールの飛び込み事故にあるのかも知れません。

 

なにしろ言われたとおりに身体張って仕事して大怪我負わされちゃってますから
所属事務所としても多少の無理が利くのかもと思います。

スポンサードリンク

ビデオ男優疑惑 あれは本当にスギちゃんなのか?

スギちゃんには若い頃に未成年は見てはいけませんカテゴリの、
おそらくは嗜好の偏った男性が鑑賞するのであろうビデオに
男優として出演していたのでは?という疑惑があります。

sugichan2 300x269 スギちゃんビデオ男優疑惑の中消えたと言われつつも消えないのはなぜ?

この男性がくだんのビデオに出演していた人物です。
…似てますよね。
右のあごにあるほくろの位置も同じだし…。

 

まあ、売れてない時代はとにかく何かして食っていかなきゃなりませんから
実入りのいい仕事であれば選り好みせずやっちゃうのかも知れません。

 

スギちゃんのイメージからすると、こういうビデオに出ていた?疑惑は
イメージ的に非常にマイナスだろうにと思うのですが
現在NHKのEテレで子供むけ算数の番組に出ているところを見ると
これは似てるだけであってスギちゃんではないのでしょうか。

 

私は、これはスギちゃんだと思います。
もし、潔白であれば他の芸人さんにいじってもらうネタにできると思うのですが
この件について触れているのを見たことがない。
それは、触れてはならんことだからでは?と思っちゃうのです。

 

日本の芸能界はおねぇの皆さんにはずいぶんと寛容ですが
それ以外については見て見ぬふりをするのが暗黙の了解。
誰も触れないところを見ると、もしかしてスギちゃんってそっち系?
それとも両方の欲張りさん?!

 

両方だと本人が口にしたという情報もありますが…。

 

さほど面白くもないのに謎だけは尽きないスギちゃんに
この先どれくらいの需要があるのか、「ワイルドだろぉ~?」を
2度目に見たときはもう飽きてた私にはさっぱり見当がつきません(苦笑)


コメントを残す